店舗の独立開業がリスクがあると言われる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

店舗の開業は、
一般のビジネスと比べて
リスクが高いと言われています。

ましてや、独立開業ともなれば、
そのリスクは格段に上がります。

では、それはなぜなのでしょうか?

いかがですか?

そうですね。

店舗の開業は、
同規模の一般のビジネスと比べて、
初期投資が圧倒的に必要になるからですね。

では、その初期投資がリスクになる真の理由は、
一体、何なのでしょうか?

それは、やり直しが効かないということです。

一般のビジネスと比較して考えてみて下さい。

例えば、
小規模の一般のビジネスであれば、
製造業などを除いては、

製品やサービスを販売するために、
極論、営業マンが身一つで営業することも可能ですよね。

ましてや、ネット環境が充実している昨今では、
営業マンする必要としない業種があるくらいです。

一方、店舗の場合は、
そもそもが来店型ビジネスであるために、

お客様が来店される「場」を
必ず必要としますよね。

ここで、少し考えてみましょう。

新しい営業活動を始めた後に、
見込客の反応が予想より悪かったとしましょう。

この場合、
一般のビジネスの場合では、
営業方法を変えることが比較的容易にできますよね。

例えば、営業マンのセールストークや資料を変更したり、

ネット販売であれば、
ホームページのデザインやキャッチコピーを
変更することが容易に可能です。

商社であれば、
商品を変更することさえ可能になる場合もあります。

一方、店舗の場合はどうでしょうか?

開店後に、来店客のニーズが
商品やサービスにマッチしていなかったことが判明した場合、
容易に商品やサービスを変更することが可能でしょうか?

現実には中々、難しいと思います。

それは、店舗の場合、
商品やサービスに合わせて、

内装をデザインしたり、
設備や什器を用意したり、

スタッフを雇ったり、

さらには、そもそも
想定顧客の見込まれる場所に
店を構えて出店しているはずだからです。

店舗によっては、
商品やサービスを変更することができたとしても、

それに合わせて準備している
物件や内装、設備、什器、そしてスタッフまでを
容易に変更することはできませんよね。

ここまでは、
理解してもらえましたか?

では、どうすれば
そのような事態に直面することを避けられるのでしょうか?

シンプルに考えると、
答えは2つしかありません。

1つ目は、
そうならないように熟慮に熟慮を重ねた上で、
開業する。

2つ目は、
例え、そのような事態になったとしても、
変更できる余地を残しておく。

1つ目については、
実は一番難しいことですよね。

なぜなら、
店舗に限らず、どんなビジネスでも
始めてみなければわからない要素が必ずあるからです。

では、どうすれば良いか?

僕は、アドバイスをもらう相手を間違えない事
につきると思っています。

2店舗目、3店舗目と出店する場合であれば、
それまでの経験値を元に、
次の出店に向けたプランニングの精度が上がってくるはずですが、

最初の一店舗目を開業する時は、
初めてのことに連続して直面するはずです。

そのため、特に気を付けるべきだと思っています。

店舗の開業は、
一つの事業をスタートする時に関わる人の数が
一般のビジネスと比較して、かなり多くなります。

関わる相手、
つまりアドバイスを与えてくれる人が

何を基準にアドバイスしているのか?

何を目的にアドバイスしているのか?

その点をよく見極めた上で
他人のアドバイスを取り入れてください。

開業準備を手伝ってくれる人は、
スタッフを含めて誰も責任をとってはくれません。

責任を取れるのは、
あなただけだからです。

これだけは、
肝に銘じておいてくださいね。

さて、2つ目については、
特に、独立開業においては、
私はいつも次のようにお伝えしています。

それは、
最初からあまり完璧を求めない
ということです。

今まで、多くの方に独立開業のコンサルティングを
させてもらいましたが、

店舗の開業になると、
多くの方が、最初から完璧な準備をしようとされます。

先程、「熟慮に熟慮を重ねて!」
と言った事と矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、
こういうことです。

例えば、
内装や設備、什器、
そして、スタッフ、
それに広告宣伝や販促物などについて、

多くの人が、
開業時に、できるだけ自分の理想通りの準備を
完璧にやろうとする傾向にあります。

でも、仮に自分の理想通りの準備ができたとしても、
開店後に、理想通りの来店がなかったらどうしますか?

店舗は、無店舗販売の業種とは異なり、
店舗を構えるというだけで、
かなりの初期投資が必要になります。

しかし、その初期投資にも
やり方次第で雲泥の差が出る程、
コストに差が出てきてしまいます。

その初期投資のコストの差が、
特に、独立開業においては、

開業後の店舗経営にまで影響を与える
ということだけは
どうか頭に入れて開業準備をして頂きいたと思います。

個人的には、
開業後の店舗経営の成否は、
8割方は、開業プランにかかっていると思っています。

開業後に修正を施せる余地を残した
開業プランを立てることが大切です。

ぜひ、具体的な開業準備に手を付ける前に、
少しだけ立ち止まって、時間を作って考えてみてください。

あなたも、
きっとわかっているはずです。

あなたの目指すものは、

「開業」の成功ではなくて、
「開業後の店舗経営」の成功であることを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【限定10名/月】無料コンサルティング

当ブログ執筆中の
「テナント一筋20年の不動産コンサルタント」
チャレンジ・スペース代表「梶谷」が

人数限定とはなってしまいますが、
無料でコンサルティングを承っています。

毎月、先着10名様となっておりますので、
どうぞお早めに下記よりお申込み下さい。

お申込みボタンを押した後に現れる「お問い合わせフォーム」に
必要事項をご入力の上、「ご相談内容」欄に、
「限定無料コンサルティング申込み」とご入力下さい。
(お電話でもお申込み頂けます)

お申込み後に日程調整等のご連絡をさせて頂きます。

【梶谷よりメッセージ】
テナント不動産に関わる方々のお悩みを少しでも解決する
お役に立てたら、我々も本当に嬉しく思います。
ぜひ、この機会をお役立てください。

限定無料コンサルティングを申込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*